RIZAP

ダイエットに関する意識調査

ダイエットしてる?やってみたい?ダイエットの意識が高い都道府県ランキング

解説してくれるのは!ディグラムラボ所長  木原 誠太郎 電通やミクシィでマーケティングを担当し、さまざまな企業のマーケティングコンサルティングに携わる。「有吉ゼミ」「好きになった人」(日本テレビ)「とくダネ!」(フジテレビ)などテレビ出演多数。ティグラムラボとは?心理学×統計学で人間の本音を分析し、カウンセリングするプログラム

1位徳島県 徳島県民は人にどう見られているかが大事?!

徳島県民の男性は自他共に厳しい性格で自己顕示欲が強い人が多く、人にどう見られるかを気に掛ける傾向なため、ダイエット意識が高いのではと考えられます。「計画を立ててから行動する」や、「計画を立てるのが早い」といった合理的な側面もあるので、一度ダイエット目標を決めたらゴールに向けて一直線になる性格とも言えます。また、徳島県民の女性は自分がやりたいことには積極的に取り組む性格ですので、ダイエットも取り組み始めると全力で頑張るのではと考えられます。

徳島県民に聞く!ダイエットしようと思った理由は?

PICKUP!

特徴のある都道府県をピックアップ! 「きちんと健康でいたい」女性が多い?!鳥取県

鳥取県民の女性75.6%がダイエット意識が高く、その理由は「ベスト体重より太ったから」45.0%、「健康のため(自発的に)」40.0%が多く、「恋愛」は20代の約1割のみで「結婚」と答えた人はいなかった。鳥取県民全体でも、最も多かったダイエット理由は「健康」で、「恋愛」や「洋服を着こなしたいから」という回答は全国的に低く、外見よりも内面重視の傾向がうかがえる結果となった。

解説

鳥取県民の女性は「人の言葉や態度を気にする」、「倫理観のない人は嫌い」、「ストレスは溜め込む方である」といった周囲の目が気になる性格です。常に身だしなみ等をキチンとしていなければいけないと思っていますのでダイエット意識が高いのではと考えられます。

体型に自信のある人多数!熊本県

熊本県民のダイエット意識が低い理由として、「体型に自信があるから」が17.6%で全国平均値の14.4%より高く、「面倒くさいから」という理由が13.7%で全国平均値の22.3%より低い。日頃から自己管理ができており、ダイエットを必要としない傾向がうかがえる結果となった。また、熊本県民の女性もダイエット意識が最も低く、理由として「体型に自信があるから」が17.4%で全国の女性平均値10.7%より高く、ダイエットを必要としていない傾向がうかがえる結果となった。

解説

熊本県民の女性は直感的で明るい姉御肌タイプです。「疑問な点などは放っておけないタイプ」、「約束、ルール締め切りは守る」、「自分の性格は大人」など常に自ら節制している性格ですので、特にダイエットを強く意識していないのではと考えられます。

「恋愛のため」に頑張る女性が多い?!三重県

ダイエットの理由として、「恋愛」という回答が最も多かったのが、三重県で23.2%でした。

解説

三重県民の女性は「人の話をよく聞き」、「相手の期待に応えよう」とする性格です。さらに、「結婚して幸せである」という傾向が他県に比べて強く、パートナーとの良好の関係を望み、常にキレイに見られたい、好きでいて欲しいとダイエットなどに努力されているのではと考えられます。また、三重県民の男性は恋愛について好奇心旺盛であり、新しい出会いに向けてダイエットなどに努力されているのではと考えられます。

ダイエットの意識が高い都道府県ランキング

総合部門

男性部門

女性部門

調査概要

調査方法:インターネットによるアンケート調査
対象エリア:全国
調査対象:20歳~69歳まで男女
サンプル数:4,230
調査実施期間:2019年2月9日(土)~2月11日(月)
算出方法:「あなたはダイエットをしたことがありますか」との問いに対して、『現在ダイエット中である』、『今はしていないが、直近する予定がある』、『今はしていないが、過去にしたことがある(直近する予定はない)』などダイエットに対する意識が高い回答をした人の割合を都道府県別に算出し、ランキングを作成いたしました。

全国の男女6,580名が挑戦!DIET IQテスト結果発表

ダイエットIQとは?

あなたのダイエットIQを今すぐチェック!

解答する

DIET IQテスト結果

男女別編

男女比較では、男性の方が女性に比べてIQが高い。

男性101.5 女性98.5

男性と女性のIQを比較すると、男性は101.5に対して、女性は98.5と男性が女性よりもダイエットIQが高かった。IQ120以上になると男性の割合が23.4%に対して女性の割合は16.6%と、IQが高くなるほど男性の割合が高くなっている。また、男女各年代の中で、男性40代が102.7と最も高く、女性60代が94.7と最も低かった。

男性は30代と40代が、女性は40代と50代のIQが高い

男女共に20代と60代のIQが低い。若年層はダイエットの情報が手に入りやすく、飽和状態になっていることから、どれが正しい知識かを判断できず、高年層は過去に学んだ知識がそのまま更新されていないため、正答率に影響が出たと考えられる。

都道府県別編

IQが最も高いのは北海道、最も低い県は秋田県。

各都道府県の中で最もIQが高かったのは北海道(105.0)であった。カテゴリー別で見ると、基礎知識編(105.3)と運動編が(104.5)と各都道府県の中で最も高く、生活習慣編(103.1)も各都道府県の中で3番目に高かった。各都道府県の中で最もIQが低かったのは秋田県(95.1)だった。カテゴリー別で見ると、マインド編(95.9)、基礎知識編(95.1)、食事編(95.7)が、各都道府県の中で最も低かった。生活習慣編(96.8)も各都道府県の中で3番目に低かった。

ダイエット意識が高い県徳島県は第6位。IQ130以上の割合最多。

ライザップが4月に実施した「ダイエットに関する意識調査」にて、ダイエット意識が高い県<総合部門>および<男性部門>で1位だった徳島県は、IQ102.6と各都道府県の中で6位と上位であったことに加え、IQ130以上の割合が18.6%で各都道府県の中で最も高かった。

詳しくは第1弾をみてね!

ちなみにダイエット経験者の結果は?

今まで太った事がないから、ダイエットをした事がない人は運動や生活習慣のIQが高く、太りにくい。

各ダイエット経験の中で運動編と生活習慣編が最も高かった。ダイエットをするまでもなく、自然と効果的な運動と太らない生活習慣が身についているために太りにくいと考えられる。

ダイエットに成功して維持できている人はダイエットに関する基礎知識や意識が高いため、リバウンドしにくい。

基礎知識編が他のダイエット経験よりも高かった。基礎知識が高いため、リバウンドしにくいと考えられる。

ダイエットとリバウンドをくりかえしている人はダイエットに関する基礎知識や意識が高いため、リバウンドしにくい。

マインド編が他のダイエット経験よりも高いものの、運動編と食事編が最も低かった。ダイエットに対する意識は持っているが、運動や食事など行動に移すための知識が少ないため、リバウンドをくりかえすのではと考えられる。

太っているが諦めたのでダイエットはもうしていない人は全体的なIQは高いが、ダイエットに対して根本的に意識が低い。

食事編が最も高いが、マインド編は最も低かった。マインドや基礎知識などダイエットに対する意識が低く、ダイエットを諦めていると考えられる。

あなたのダイエットIQを今すぐチェック!

解答する

調査概要

調査方法:インターネットによるアンケート調査
対象エリア:全国
調査対象:20歳~69歳まで男女
サンプル数:6,580
調査実施期間:2019年3月20日(水)~3月24日(日)

定義・判定基準

【ダイエットIQの定義】
IQには年齢による明確な知識差がないと想定し、集団内での統計的な位置をベ一スとした偏差IQを用いています。偏差IQを計測する際に、一般的に使用される「キャッテル式」を選択。
100を標準軸とし、95%が52〜148のIQ数値の範囲内となります。

【DIET IQ数値の計算方法および判定基準】
設問の偏差値IQは下記の計算方法を使って算出します。
「(回答数一平均点)X24/標準偏差+100」
※平均点と標準偏差は事前テスト結果を入れ込み計算します。
※各カテゴリーは設問数が違うため、カテゴリーごとに偏差値IQを計算し、Level0-5に振り分けて表示します。

都道府県別 ダイエットの成功と失敗に関する実態調査

都道府県別 ダイエット成功ランキング 第1位

「ダイエットをしたことがある」と回答した人に対して、ダイエット後の体重について尋ね、『ダイエットに成功した(体重を減らしてキープしている)』と答えた人を都道府県別に算出し、ランキングを作成。
※「あまり変わらない」という回答は除く

解説してくれるのは!ディグラムラボ所長  木原 誠太郎 電通やミクシィでマーケティングを担当し、さまざまな企業のマーケティングコンサルティングに携わる。「有吉ゼミ」「好きになった人」(日本テレビ)「とくダネ!」(フジテレビ)などテレビ出演多数。ティグラムラボとは?心理学×統計学で人間の本音を分析し、カウンセリングするプログラム

健康面も外見も意識が高い!総合部門第1位滋賀県

滋賀県民は、ダイエットのきっかけとして「健康のため(自発的に)」や「健康のため(医者から勧められて)」が47都道府県全体の数値に比べ、高い数値だった。その他、「ベスト体重より太ったから」「洋服を着こなしたいから」「今よりも若く見られたいから」という回答も全体に比べて高かった。健康面に加えて外見に対するこだわりが強く、ダイエットに対するストイックさにより、成功率が高まっていると予想できる。

解説

滋賀県の方は「倫理観を大事にしている(47都道府県全体中1位)」などに代表されるように規律を重んじる県民性です。決められたやり方があるダイエット方法をキッチリとこなすのは得意であると考えられます。最近では、県を挙げて「長寿」を目指しているニュースなども出ており、県全体で規律良く健康に対して取り組んでいると考えられます。

周りに左右されず、自発的にダイエット! 男性部門第1位 秋田県

秋田県民の男性はダイエットを始める理由において、全体の数値と比べて目立った項目は少ないものの、「健康のため(自発的に)」が高い数値であった。周りに左右されず、自発的なダイエットを実践しているために成功率が高まっていると予想できる。

解説

「自分の損得を常に考えている(47都道府県男性中2位)」などに代表されるように自分が何をしたいか?どうすれば得をするのか?を常に考えている性格であると言えます。ダイエットにおいても、自分の健康状態や体重がどうあるべきなのかを現状を見据えて、自分を律して行動ができる性格の方が多いのではないかと考えられます。

友人、家族の後押しで頑張れる! 女性部門第1位 長崎県

長崎県民の女性は、ダイエットのきっかけとして「同性の友人に指摘されて」、「異性の友人や恋人、夫に指摘されて」、「友人や知人がダイエットしているのを見て」という回答が全体に比べて高い。自身の意欲だけでなく、周りからの影響を受けてダイエットを始める傾向があることから、成功に結び付きやすいと考えられる。

解説

「人についていくことが多い(47都道府県女性中3位)」などに代表されるように周囲の人に良い意味で流されやすい性格の方が多いと考えられます。あと、真面目で周囲に嫌われたくない気持ちが強い方が多いようです。ダイエットにおいても、周囲の人の言葉や雰囲気に流されて始めて、その後も真面目にしっかりとダイエットをこなし、結果ダイエット成功に結びついているのかもしれません。

都道府県別 ダイエット失敗ランキング 第1位

「ダイエットをしたことがある」と回答した人に対して、ダイエット後の体重について尋ね、『ダイエットに失敗した(リバウンドをした、またはダイエット前より増えた)』との回答を都道府県別に算出し、ランキングを作成いたしました。
※「あまり変わらない」という回答は除く

ダイエット意識が低く、失敗しやすい? !総合部門第1位 山梨県

山梨県民は、ダイエットのきっかけとして「ベスト体重より太ったから」や、正月やゴールデンウイークなど長期休暇により太ってしまったという理由が多かった。その他の特徴として、「ベスト体重より太ったから」や「洋服を着こなしたいから」という回答が多く、「健康のため」という回答が少ないことから、外見のみこだわったダイエットになっていると考えられる。

解説

「好奇心が旺盛(47都道府県男性中1位)」「ハメを外して盛り上がることがある(47都道府県女性中1位)」などに代表されるように、基本外向きでミーハーな性格な方が多いと考えられます。ダイエットにおいても、意識はしているけど、目の前の楽しいお誘いに断れずについ羽目を外してリバウンドしてしまう悪循環に陥ってしまっているかもしれません。

ダイエットに飽きやすい?  男性部門第1位 静岡県

静岡県民の男性は、ダイエットのきっかけとして「健康のため(自発的に)」、「ベスト体重より太ったから」の数値が全体に比べて高く、「健康のため(医者から勧められたため)」という回答が少なかった。

解説

「物事を早くこなすことが得意(47都道府県男性中1位)」「恋に落ちやすい方(47都道府県男性中3位)」などに代表されるように、何事も行動が早くすぐ飛びつくが、その後、少し時間が経ったら飽きてしまう性格の方が多いと考えられます。ダイエットにおいても、最新のトレンドのダイエット法などにはすぐに飛びつくが、時間が経つと飽きてしまい失敗してしまうのかもしれません。

ダイエットに飽きやすい? 女性部門第1位 山形県

山形県民の女性は、「恋愛」、「結婚」、「就職」、「失恋」などの生活の節目をきっかけにダイエットを始める傾向がうかがえる。何かのきっかけがあればダイエットに挑戦するが、その場しのぎになってしまうのではないかと予想できる。

解説

「自分の成功が大事である(47都道府県女性中2位)」「部下、後輩に嫌われる(47都道府県女性中3位)」などに代表されるように、自分のやりたい事が明確で、竹を割ったような性格の方が多いと考えられます。自分が社会的にどのように見られているか?などは大事かもしれませんが、もしかすると、外見はあまり気にしない方が多いのかもしれないので、ダイエット意識が全体よりも少し低いのかもしれません。

あなたは何位? ランキング詳細

都道府県別ダイエット成功ランキング

総合部門

男性部門

女部門

都道府県別ダイエット失敗ランキング

総合部門

男性部門

男性部門

調査概要

調査方法 : インターネットによるアンケート調査
対象エリア : 全国
調査対象 : 20歳~69歳まで男女
サンプル数 : 4,230
調査実施期間 : 2019年2月9日(土)~2月11日(月)

ダイエットに関する意識調査

ダイエットしてる?やってみたい?ダイエットの意識が高い都道府県ランキング

解説してくれるのは!ディグラムラボ所長  木原 誠太郎 電通やミクシィでマーケティングを担当し、さまざまな企業のマーケティングコンサルティングに携わる。「有吉ゼミ」「好きになった人」(日本テレビ)「とくダネ!」(フジテレビ)などテレビ出演多数。ティグラムラボとは?心理学×統計学で人間の本音を分析し、カウンセリングするプログラム

1位徳島県 徳島県民は人にどう見られているかが大事?!

徳島県民の男性は自他共に厳しい性格で自己顕示欲が強い人が多く、人にどう見られるかを気に掛ける傾向なため、ダイエット意識が高いのではと考えられます。 「計画を立ててから行動する」や、「計画を立てるのが早い」といった合理的な側面もあるので、一度ダイエット目標を決めたらゴールに向けて一直線になる性格とも言えます。また、徳島県民の女性は自分がやりたいことには積極的に取り組む性格ですので、ダイエットも取り組み始めると全力で頑張るのではと考えられます。

徳島県民に聞く!ダイエットしようと思った理由は?

1位健康のため 2位ベスト体重より太ったから 3位洋服を着こなしたいから 4位その他 5位今よりも若く見られたいから

特徴のある都道府県をピックアップ! 「きちんと健康でいたい」女性が多い?!鳥取県

鳥取県民の女性75.6%がダイエット意識が高く、その理由は「ベスト体重より太ったから」45.0%、「健康のため(自発的に)」40.0%が多く、「恋愛」は20代の約1割のみで「結婚」と答えた人はいなかった。 鳥取県民全体でも、最も多かったダイエット理由は「健康」で、「恋愛」や「洋服を着こなしたいから」という回答は全国的に低く、外見よりも内面重視の傾向がうかがえる結果となった。

解説

鳥取県民の女性は「人の言葉や態度を気にする」、「倫理観のない人は嫌い」、「ストレスは溜め込む方である」といった周囲の目が気になる性格です。常に身だしなみ等をキチンとしていなければいけないと思っていますのでダイエット意識が高いのではと考えられます。

体型に自信のある人多数!熊本県

熊本県民のダイエット意識が低い理由として、「体型に自信があるから」が17.6%で全国平均値の14.4%より高く 、「面倒くさいから」という理由が13.7%で全国平均値の22.3%より低い。日頃から自己管理ができており、ダイエットを必要としない傾向がうかがえる結果となった。また、熊本県民の女性もダイエット意識が最も低く、理由として「体型に自信があるから」が17.4%で全国の女性平均値10.7%より高く、ダイエットを必要としていない傾向がうかがえる結果となった。

解説

熊本県民の女性は直感的で明るい姉御肌タイプです。「疑問な点などは放っておけないタイプ」、「約束、ルール締め切りは守る」、「自分の性格は大人」など常に自ら節制している性格ですので、特にダイエットを強く意識していないのではと考えられます。

恋愛のため」に頑張る女性が多い?!三重県

ダイエットの理由として、「恋愛」という回答が最も多かったのが、三重県で23.2%でした。

解説

三重県民の女性は「人の話をよく聞き」、「相手の期待に応えよう」とする性格です。さらに、「結婚して幸せである」という傾向が他県に比べて強く、 パートナーとの良好の関係を望み、常にキレイに見られたい、好きでいて欲しいとダイエットなどに努力されているのではと考えられます。 また、三重県民の男性は恋愛について好奇心旺盛であり、新しい出会いに向けてダイエットなどに努力されているのではと考えられます。

ダイエットの意識が高い都道府県ランキング
総合部門
順位 都道府県 数値
1位 徳島県 66.7%
2位 鳥取県 65.6%
2位 宮崎県 65.6%
4位 青森県 62.2%
5位 北海道 60%
5位 石川県 60%
5位 長野県 60%
8位 宮城県 58.9%
9位 秋田県 57.8%
9位 京都府 57.8%
9位 広島県 57.8%
9位 高知県 57.8%
9位 福岡県 57.8%
14位 岩手県 56.7%
14位 山形県 56.7%
16位 千葉県 55.6%
16位 佐賀県 55.6%
18位 福島県 54.4%
18位 岐阜県 54.4%
18位 滋賀県 54.4%
18位 山口県 54.4%
22位 富山県 53.3%
22位 長崎県 53.3%
22位 沖縄県 53.3%
25位 栃木県 52.2%
25位 埼玉県 52.2%
25位 新潟県 52.2%
25位 福井県 52.2%
25位 山梨県 52.2%
25位 大分県 52.2%
31位 茨城県 51.1%
31位 兵庫県 51.1%
31位 岡山県 51.1%
34位 三重県 50%
34位 大阪府 50%
34位 奈良県 50%
34位 島根県 50%
34位 鹿児島県 50%
39位 東京都 48.9%
39位 和歌山県 48.9%
41位 愛知県 47.8%
42位 神奈川県 46.7%
43位 群馬県 45.6%
43位 香川県 45.6%
43位 愛媛県 45.6%
46位 静岡県 44.4%
47位 熊本県 43.3%
男性部門
順位 都道府県 数値
1位 徳島県 64.4%
2位 山形県 60%
2位 宮崎県 60%
4位 宮城県 57.8%
5位 鳥取県 55.6%
5位 広島県 55.6%
7位 青森県 53.3%
7位 福島県 53.3%
7位 福岡県 53.3%
10位 茨城県 51.1%
10位 長野県 51.1%
12位 北海道 48.9%
12位 福井県 48.9%
12位 山梨県 48.9%
12位 高知県 48.9%
12位 佐賀県 48.9%
12位 大分県 48.9%
18位 埼玉県 46.7%
18位 石川県 46.7%
18位 滋賀県 46.7%
18位 京都府 46.7%
18位 沖縄県 46.7%
23位 秋田県 44.4%
23位 栃木県 44.4%
23位 兵庫県 44.4%
23位 山口県 44.4%
23位 鹿児島県 44.4%
28位 岩手県 42.2%
28位 富山県 42.2%
28位 岐阜県 42.2%
28位 香川県 42.2%
32位 東京都 40%
32位 大阪府 40%
32位 奈良県 40%
32位 島根県 40%
32位 岡山県 40%
32位 長崎県 40%
38位 千葉県 37.8%
38位 愛媛県 37.8%
38位 熊本県 37.8%
41位 新潟県 35.6%
41位 三重県 35.6%
43位 和歌山県 31.1%
44位 愛知県 28.9%
45位 群馬県 26.7%
46位 神奈川県 24.4%
47位 静岡県 22.2%
女性部門
順位 都道府県 数値
1位 鳥取県 75.6%
2位 千葉県 73.3%
2位 石川県 73.3%
4位 北海道 71.1%
4位 青森県 71.1%
4位 岩手県 71.1%
4位 秋田県 71.1%
4位 宮崎県 71.1%
9位 神奈川県 68.9%
9位 新潟県 68.9%
9位 長野県 68.9%
9位 京都府 68.9%
9位 徳島県 68.9%
14位 岐阜県 66.7%
14位 静岡県 66.7%
14位 愛知県 66.7%
14位 和歌山県 66.7%
14位 高知県 66.7%
14位 長崎県 66.7%
20位 群馬県 64.4%
20位 富山県 64.4%
20位 三重県 64.4%
20位 山口県 64.4%
24位 滋賀県 62.2%
24位 岡山県 62.2%
24位 福岡県 62.2%
24位 佐賀県 62.2%
28位 宮城県 60.0%
28位 栃木県 60.0%
28位 大阪府 60.0%
28位 奈良県 60.0%
28位 島根県 60.0%
28位 広島県 60.0%
28位 沖縄県 60.0%
35位 埼玉県 57.8%
35位 東京都 57.8%
35位 兵庫県 57.8%
38位 福島県 55.6%
38位 福井県 55.6%
38位 山梨県 55.6%
38位 大分県 55.6%
38位 鹿児島県 55.6%
43位 山形県 53.3%
43位 愛媛県 53.3%
45位 茨城県 51.1%
46位 香川県 48.9%
46位 熊本県 48.9%

調査概要

調査方法:インターネットによるアンケート調査
対象エリア:全国
調査対象:20歳~69歳まで男女
サンプル数:4,230
調査実施期間:2019年2月9日(土)~2月11日(月)
算出方法:「あなたはダイエットをしたことがありますか」との問いに対して、『現在ダイエット中である』、『今はしていないが、直近する予定がある』、『今はしていないが、過去にしたことがある(直近する予定はない)』などダイエットに対する意識が高い回答をした人の割合を都道府県別に算出し、ランキングを作成いたしました。

全国の男女6,580名が挑戦!DIET IQテスト結果発表

ダイエットIQとは?

あなたのダイエットIQを今すぐチェック!

解答する

DIET IQテスト結果

男女別編

男女比較では、男性の方が女性に比べてIQが高い。

男性101.5 女性98.5

男性と女性のIQを比較すると、男性は101.5に対して、女性は98.5と男性が女性よりもダイエットIQが高かった。IQ120以上になると男性の割合が23.4%に対して女性の割合は16.6%と、IQが高くなるほど男性の割合が高くなっている。また、男女各年代の中で、男性40代が102.7と最も高く、女性60代が94.7と最も低かった。

男性は30代と40代が、女性は40代と50代のIQが高い

男女共に20代と60代のIQが低い。若年層はダイエットの情報が手に入りやすく、飽和状態になっていることから、どれが正しい知識かを判断できず、高年層は過去に学んだ知識がそのまま更新されていないため、正答率に影響が出たと考えられる。

たいへんよくできました

都道府県別編

IQが最も高いのは北海道、最も低い県は秋田県。

各都道府県の中で最もIQが高かったのは北海道(105.0)であった。カテゴリー別で見ると、基礎知識編(105.3)と運動編が(104.5)と各都道府県の中で最も高く、生活習慣編(103.1)も各都道府県の中で3番目に高かった。各都道府県の中で最もIQが低かったのは秋田県(95.1)だった。カテゴリー別で見ると、マインド編(95.9)、基礎知識編(95.1)、食事編(95.7)が、各都道府県の中で最も低かった。生活習慣編(96.8)も各都道府県の中で3番目に低かった。

ダイエット意識が高い県徳島県は第6位。IQ130以上の割合最多。

ライザップが4月に実施した「ダイエットに関する意識調査」にて、ダイエット意識が高い県<総合部門>および<男性部門>で1位だった徳島県は、IQ102.6と各都道府県の中で6位と上位であったことに加え、IQ130以上の割合が18.6%で各都道府県の中で最も高かった。

詳しくは第1弾をみてね!

ちなみにダイエット経験者の結果は?

今まで太った事がないから、ダイエットをした事がない人は運動や生活習慣のIQが高く、太りにくい。

各ダイエット経験の中で運動編と生活習慣編が最も高かった。ダイエットをするまでもなく、自然と効果的な運動と太らない生活習慣が身についているために太りにくいと考えられる。

ダイエットに成功して維持できている人はダイエットに関する基礎知識や意識が高いため、リバウンドしにくい。

基礎知識編が他のダイエット経験よりも高かった。基礎知識が高いため、リバウンドしにくいと考えられる。

ダイエットとリバウンドをくりかえしている人はダイエットに関する基礎知識や意識が高いため、リバウンドしにくい。

マインド編が他のダイエット経験よりも高いものの、運動編と食事編が最も低かった。ダイエットに対する意識は持っているが、運動や食事など行動に移すための知識が少ないため、リバウンドをくりかえすのではと考えられる。

太っているが諦めたのでダイエットはもうしていない人は全体的なIQは高いが、ダイエットに対して根本的に意識が低い。

食事編が最も高いが、マインド編は最も低かった。マインドや基礎知識などダイエットに対する意識が低く、ダイエットを諦めていると考えられる。

あなたのダイエットIQを今すぐチェック!

解答する

調査概要

調査方法:インターネットによるアンケート調査
対象エリア:全国
調査対象:20歳~69歳まで男女
サンプル数:6,580
調査実施期間:2019年3月20日(水)~3月24日(日)

定義・判定基準

【ダイエットIQの定義】
IQには年齢による明確な知識差がないと想定し、集団内での統計的な位置をベ一スとした偏差IQを用いています。偏差IQを計測する際に、一般的に 使用される「キャッテル式」を選択。
100を標準軸とし、95%が52〜148のIQ数値の範囲内となります。

【DIET IQ数値の計算方法および判定基準】
設問の偏差値IQは下記の計算方法を使って算出します。
「(回答数一平均点)X24/標準偏差+100」
※平均点と標準偏差は事前テスト結果を入れ込み計算します。
※各カテゴリーは設問数が違うため、カテゴリーごとに偏差値IQを計算し、Level0-5に振り分けて表示します。

都道府県別 ダイエットの成功と失敗に関する実態調査

都道府県別 ダイエット成功ランキング 第1位

「ダイエットをしたことがある」と回答した人に対して、ダイエット後の体重について尋ね、『ダイエットに成功した(体重を減らしてキープしている)』と答えた人を都道府県別に算出し、ランキングを作成。
※「あまり変わらない」という回答は除く

解説してくれるのは!ディグラムラボ所長  木原 誠太郎 電通やミクシィでマーケティングを担当し、さまざまな企業のマーケティングコンサルティングに携わる。「有吉ゼミ」「好きになった人」(日本テレビ)「とくダネ!」(フジテレビ)などテレビ出演多数。ティグラムラボとは?心理学×統計学で人間の本音を分析し、カウンセリングするプログラム

健康面も外見も意識が高い!総合部門第1位滋賀県

滋賀県民は、ダイエットのきっかけとして「健康のため(自発的に)」や「健康のため(医者から勧められて)」が47都道府県全体の数値に比べ、高い数値だった。その他、「ベスト体重より太ったから」「洋服を着こなしたいから」「今よりも若く見られたいから」という回答も全体に比べて高かった。健康面に加えて外見に対するこだわりが強く、ダイエットに対するストイックさにより、成功率が高まっていると予想できる。

解説

滋賀県の方は「倫理観を大事にしている(47都道府県全体中1位)」などに代表されるように規律を重んじる県民性です。決められたやり方があるダイエット方法をキッチリとこなすのは得意であると考えられます。最近では、県を挙げて「長寿」を目指しているニュースなども出ており、県全体で規律良く健康に対して取り組んでいると考えられます。

周りに左右されず、自発的にダイエット! 男性部門第1位 秋田県

秋田県民の男性はダイエットを始める理由において、全体の数値と比べて目立った項目は少ないものの、「健康のため(自発的に)」が高い数値であった。周りに左右されず、自発的なダイエットを実践しているために成功率が高まっていると予想できる。

解説

「自分の損得を常に考えている(47都道府県男性中2位)」などに代表されるように自分が何をしたいか?どうすれば得をするのか?を常に考えている性格であると言えます。ダイエットにおいても、自分の健康状態や体重がどうあるべきなのかを現状を見据えて、自分を律して行動ができる性格の方が多いのではないかと考えられます。

友人、家族の後押しで頑張れる! 女性部門第1位 長崎県

長崎県民の女性は、ダイエットのきっかけとして「同性の友人に指摘されて」、「異性の友人や恋人、夫に指摘されて」、「友人や知人がダイエットしているのを見て」という回答が全体に比べて高い。自身の意欲だけでなく、周りからの影響を受けてダイエットを始める傾向があることから、成功に結び付きやすいと考えられる。

解説

「人についていくことが多い(47都道府県女性中3位)」などに代表されるように周囲の人に良い意味で流されやすい性格の方が多いと考えられます。あと、真面目で周囲に嫌われたくない気持ちが強い方が多いようです。ダイエットにおいても、周囲の人の言葉や雰囲気に流されて始めて、その後も真面目にしっかりとダイエットをこなし、結果ダイエット成功に結びついているのかもしれません。

都道府県別 ダイエット失敗ランキング 第1位

「ダイエットをしたことがある」と回答した人に対して、ダイエット後の体重について尋ね、『ダイエットに失敗した(リバウンドをした、またはダイエット前より増えた)』との回答を都道府県別に算出し、ランキングを作成いたしました。
※「あまり変わらない」という回答は除く

ダイエット意識が低く、失敗しやすい? !総合部門第1位 山梨県

山梨県民は、ダイエットのきっかけとして「ベスト体重より太ったから」や、正月やゴールデンウイークなど長期休暇により太ってしまったという理由が多かった。その他の特徴として、「ベスト体重より太ったから」や「洋服を着こなしたいから」という回答が多く、「健康のため」という回答が少ないことから、外見のみこだわったダイエットになっていると考えられる。

解説

「好奇心が旺盛(47都道府県男性中1位)」「ハメを外して盛り上がることがある(47都道府県女性中1位)」などに代表されるように、基本外向きでミーハーな性格な方が多いと考えられます。ダイエットにおいても、意識はしているけど、目の前の楽しいお誘いに断れずについ羽目を外してリバウンドしてしまう悪循環に陥ってしまっているかもしれません。

ダイエットに飽きやすい?  男性部門第1位 静岡県

静岡県民の男性は、ダイエットのきっかけとして「健康のため(自発的に)」、「ベスト体重より太ったから」の数値が全体に比べて高く、「健康のため(医者から勧められたため)」という回答が少なかった。

解説

「物事を早くこなすことが得意(47都道府県男性中1位)」「恋に落ちやすい方(47都道府県男性中3位)」などに代表されるように、何事も行動が早くすぐ飛びつくが、その後、少し時間が経ったら飽きてしまう性格の方が多いと考えられます。ダイエットにおいても、最新のトレンドのダイエット法などにはすぐに飛びつくが、時間が経つと飽きてしまい失敗してしまうのかもしれません。

ダイエットに飽きやすい? 女性部門第1位 山形県

山形県民の女性は、「恋愛」、「結婚」、「就職」、「失恋」などの生活の節目をきっかけにダイエットを始める傾向がうかがえる。何かのきっかけがあればダイエットに挑戦するが、その場しのぎになってしまうのではないかと予想できる。

解説

「自分の成功が大事である(47都道府県女性中2位)」「部下、後輩に嫌われる(47都道府県女性中3位)」などに代表されるように、自分のやりたい事が明確で、竹を割ったような性格の方が多いと考えられます。自分が社会的にどのように見られているか?などは大事かもしれませんが、もしかすると、外見はあまり気にしない方が多いのかもしれないので、ダイエット意識が全体よりも少し低いのかもしれません。

あなたは何位? ランキング詳細

都道府県別ダイエット成功ランキング

総合部門
順位 都道府県 数値
1位 滋賀県 51.4%
2位 秋田県 51.2%
3位 京都府 47.7%
4位 鳥取県 44.7%
5位 福島県 43.5%
6位 鹿児島県 43.2%
6位 千葉県 43.2%
8位 栃木県 42.5%
9位 群馬県 41.2%
10位 福井県 40.5%
11位 青森県 40.0%
11位 宮城県 40.0%
13位 奈良県 39.5%
14位 北海道 39.1%
15位 新潟県 38.9%
15位 長崎県 38.9%
17位 三重県 38.5%
17位 兵庫県 38.5%
17位 大分県 38.5%
20位 静岡県 38.2%
21位 佐賀県 37.8%
21位 宮崎県 37.8%
23位 神奈川県 37.5%
24位 茨城県 36.8%
24位 埼玉県 36.8%
24位 愛媛県 36.8%
27位 熊本県 36.4%
28位 香川県 36.1%
29位 和歌山県 35.9%
30位 山口県 35.0%
31位 石川県 34.9%
32位 富山県 33.3%
33位 岐阜県 32.5%
34位 長野県 32.0%
35位 山形県 31.6%
36位 東京都 31.4%
37位 福岡県 31.0%
38位 大阪府 29.7%
38位 高知県 29.7%
40位 島根県 27.8%
41位 徳島県 26.9%
42位 愛知県 25.7%
43位 岡山県 25.6%
44位 広島県 25.5%
45位 沖縄県 24.4%
46位 山梨県 21.1%
47位 岩手県 20.5%
男性部門
順位 都道府県 数値
1位 秋田県 66.7%
2位 滋賀県 62.5%
3位 福島県 58.3%
4位 京都府 57.9%
4位 佐賀県 57.9%
6位 埼玉県 52.9%
6位 鹿児島県 52.9%
8位 石川県 52.6%
8位 鳥取県 52.6%
10位 長野県 52.2%
11位 青森県 50.0%
11位 熊本県 50.0%
11位 宮崎県 50.0%
14位 福井県 47.1%
15位 大分県 44.4%
16位 岐阜県 43.8%
17位 北海道 42.1%
18位 千葉県 41.2%
18位 山口県 41.2%
18位 香川県 41.2%
21位 宮城県 40.9%
21位 茨城県 40.9%
23位 山形県 40.0%
23位 富山県 40.0%
25位 栃木県 38.9%
25位 奈良県 38.9%
27位 新潟県 38.5%
28位 神奈川県 37.5%
29位 和歌山県 36.4%
30位 兵庫県 35.3%
31位 大阪府 33.3%
32位 愛媛県 31.3%
33位 沖縄県 29.4%
34位 東京都 28.6%
35位 岩手県 27.8%
36位 群馬県 27.3%
37位 徳島県 26.9%
38位 島根県 26.7%
39位 三重県 25.0%
40位 山梨県 23.5%
41位 高知県 23.1%
42位 愛知県 20.0%
42位 岡山県 20.0%
44位 広島県 16.7%
45位 福岡県 15.8%
46位 長崎県 14.3%
47位 静岡県 12.5%
女性部門
順位 都道府県 数値
1位 長崎県 54.5%
2位 群馬県 47.8%
3位 静岡県 46.2%
4位 栃木県 45.5%
5位 千葉県 44.4%
5位 三重県 44.4%
7位 福岡県 43.5%
8位 滋賀県 42.9%
9位 兵庫県 40.9%
9位 愛媛県 40.9%
11位 秋田県 40.0%
11位 京都府 40.0%
11位 奈良県 40.0%
14位 鳥取県 39.3%
15位 宮城県 39.1%
15位 新潟県 39.1%
17位 神奈川県 37.5%
18位 北海道 37.0%
19位 和歌山県 35.7%
20位 福井県 35.0%
20位 鹿児島県 35.0%
22位 広島県 34.8%
23位 青森県 33.3%
23位 東京都 33.3%
23位 高知県 33.3%
23位 大分県 33.3%
27位 香川県 31.6%
28位 茨城県 31.3%
29位 山口県 30.4%
30位 富山県 29.6%
30位 宮崎県 29.6%
32位 岡山県 29.2%
33位 島根県 28.6%
34位 愛知県 28.0%
35位 福島県 27.3%
35位 大阪府 27.3%
37位 徳島県 26.9%
38位 熊本県 26.3%
39位 岐阜県 25.0%
40位 埼玉県 23.8%
41位 佐賀県 23.1%
42位 山形県 22.2%
43位 石川県 20.8%
43位 沖縄県 20.8%
45位 山梨県 19.0%
46位 岩手県 15.4%
47位 長野県 14.8%

都道府県別ダイエット失敗ランキング

総合部門
順位 都道府県 数値
1位 山梨県 60.5%
2位 愛媛県 50.0%
3位 沖縄県 48.8%
4位 鹿児島県 48.6%
5位 富山県 47.6%
6位 和歌山県 46.2%
7位 東京都 45.7%
8位 山形県 44.7%
9位 徳島県 44.2%
10位 大阪府 43.2%
11位 兵庫県 41.0%
12位 岩手県 40.9%
13位 福井県 40.5%
13位 高知県 40.5%
15位 広島県 38.3%
16位 北海道 37.0%
17位 京都府 36.4%
18位 岡山県 35.9%
19位 山口県 35.0%
20位 埼玉県 34.2%
21位 青森県 34.0%
21位 長野県 34.0%
23位 長崎県 33.3%
23位 三重県 33.3%
23位 佐賀県 33.3%
23位 香川県 33.3%
23位 島根県 33.3%
28位 栃木県 32.5%
28位 岐阜県 32.5%
30位 茨城県 31.6%
31位 愛知県 31.4%
32位 福岡県 31.0%
33位 大分県 30.8%
34位 新潟県 30.6%
35位 熊本県 30.3%
36位 奈良県 30.2%
36位 石川県 30.2%
38位 静岡県 29.4%
39位 神奈川県 28.1%
40位 鳥取県 27.7%
41位 宮崎県 26.7%
42位 群馬県 26.5%
43位 福島県 26.1%
44位 秋田県 25.6%
45位 滋賀県 24.3%
46位 宮城県 20.0%
47位 千葉県 15.9%
男性部門
順位 都道府県 数値
1位 静岡県 87.5%
2位 福岡県 84.2%
3位 愛知県 80.0%
4位 島根県 73.3%
4位 岡山県 73.3%
6位 徳島県 73.1%
7位 長崎県 71.4%
8位 広島県 70.8%
9位 山梨県 70.6%
10位 高知県 69.2%
11位 愛媛県 68.8%
12位 岩手県 66.7%
12位 三重県 66.7%
14位 和歌山県 63.6%
14位 群馬県 63.6%
16位 栃木県 61.1%
16位 奈良県 61.1%
18位 宮城県 59.1%
19位 千葉県 58.8%
19位 兵庫県 58.8%
21位 東京都 57.1%
22位 山形県 55.0%
23位 新潟県 53.8%
24位 富山県 53.3%
24位 大阪府 53.3%
26位 山口県 52.9%
26位 沖縄県 52.9%
28位 青森県 50.0%
28位 熊本県 50.0%
28位 岐阜県 50.0%
28位 茨城県 50.0%
28位 神奈川県 50.0%
33位 長野県 47.8%
34位 宮崎県 44.4%
34位 大分県 44.4%
36位 佐賀県 42.1%
36位 鳥取県 42.1%
36位 北海道 42.1%
39位 埼玉県 41.2%
39位 福井県 41.2%
39位 香川県 41.2%
42位 滋賀県 37.5%
42位 福島県 37.5%
44位 京都府 36.8%
44位 石川県 36.8%
46位 鹿児島県 35.3%
47位 秋田県 33.3%
女性部門
順位 都道府県 数値
1位 山形県 61.1%
2位 鹿児島県 60.0%
3位 山梨県 57.1%
4位 愛媛県 50.0%
4位 岩手県 50.0%
6位 長野県 48.1%
7位 埼玉県 47.6%
8位 和歌山県 46.4%
9位 徳島県 46.2%
9位 佐賀県 46.2%
11位 高知県 45.8%
12位 大阪府 45.5%
13位 福井県 45.0%
14位 富山県 44.4%
15位 東京都 38.1%
15位 島根県 38.1%
17位 沖縄県 37.5%
18位 北海道 37.0%
19位 香川県 36.8%
20位 青森県 36.7%
21位 京都府 36.0%
22位 山口県 34.8%
23位 滋賀県 33.3%
23位 岡山県 33.3%
23位 岐阜県 33.3%
23位 石川県 33.3%
27位 鳥取県 32.1%
28位 栃木県 31.8%
28位 兵庫県 31.8%
30位 熊本県 31.6%
31位 茨城県 31.3%
32位 福岡県 30.4%
32位 新潟県 30.4%
32位 広島県 30.4%
35位 三重県 29.6%
36位 奈良県 28.0%
36位 愛知県 28.0%
38位 長崎県 27.3%
38位 福島県 27.3%
40位 神奈川県 25.0%
41位 秋田県 24.0%
42位 大分県 23.8%
43位 宮崎県 22.2%
44位 群馬県 21.7%
45位 静岡県 19.2%
46位 宮城県 13.0%
47位 千葉県 11.1%

調査概要

調査方法 : インターネットによるアンケート調査
対象エリア : 全国
調査対象 : 20歳~69歳まで男女
サンプル数 : 4,230
調査実施期間 : 2019年2月9日(土)~2月11日(月)